【新潟 遮熱塗料 屋根塗装】冷房費を安くできるお勧めの遮熱塗料

こんにちは。
新潟市の外壁・屋根塗装専門店ハピクルリフォームです。

このページでは屋根の遮熱塗料塗装についてお伝えします。

最近はどんどん塗料に質が向上していますね。

耐久性はもちろんのこと、生活を快適にしてくれる優れた性能を持った塗料もどんどん出てきています。

その中に「遮熱塗料」があります。

遮熱塗料とは日光を反射させ熱を家の中に入れないようにする塗料です。

 

真夏は強い日光が降り注ぎ家の中はかなり暑くなります。鉄板屋根の場合は手で触れないほど熱くなり、目玉焼きができるほどの高温になります。

 

真夏は冷房を入れないと家の中で過ごせませんよね。しかし、屋根に遮熱塗料を塗ることで冷房費安くすることが可能です。

 

以下の遮熱塗料はとてもお勧めです。

SK化研のクールタイトシリーズです。この塗料は鉄板屋根やスレート屋根専用の塗料です。

鉄板屋根

 

スレート屋根

 

このような屋根に遮熱塗料を塗ると効果が期待できます。

遮熱塗料を塗ると、室内温度を3度下げることができたとメーカーのカタログに書かれています。

 

 

室内温度を3度下げるというのはかなり大きな差です。冷房の温度を3度上げることができれば冷房費はかなり節約できます。

設定温度を25度から28度にすることができれば冷房費は節約できますし、地球環境も良くなります。

これから屋根を塗装する人は遮熱塗料の塗装を検討してみてください。

 

屋根の遮熱塗料 塗装方法

それでは鉄板屋根の遮熱塗料塗装方法についてお伝えします。

塗装前にマジックロンやサンドペーパーという道具を使ってサビ落としや目荒らしを行います。

鉄板屋根は表面が平らなのでそのまま塗装すると密着が悪く剥がれてきてしまう可能性があります。

ですのでマジックロンやサンドペーパーで細かい傷をつけ密着を良くしていきます。細かい傷をつけるとその間に塗料が入り込むため密着が良くなります。

 

今度は錆止め塗料を塗ります。錆止め塗料はその名の通り錆を抑える役割もありますし、遮熱塗料の密着を良くする働きがあります。

塗装している錆止め塗料は「エポキシ錆止め塗料」というものですが、エポキシは非常に密着性が良い塗料です。

この上に塗る遮熱塗料をガッチリと密着してくれます。

 

今度は遮熱塗料1回目を塗装します。遮熱効果が出るようにたっぷり塗ります。

 

遮熱塗料1回目をしっかり乾かしたら仕上げ塗装である2回目を塗装します。

 

鉄板屋根 遮熱塗料 塗装完了

鉄板屋根の遮熱塗料塗装が完了しました。

見た目は普通の塗料と同じですし、耐久性も他の塗料と同じくらい良いです。

ですが、夏になると日光を反射させることができます。

 

遮熱塗料は冬は効果なし

デメリットではないのですが、遮熱塗料は冬は良さを発揮しません。

夏は日光を反射させますが、冬の寒さを和らげてくれるという性質は持っていませんので冬の暖房費を抑えるということはありません。

もし冬の寒さを和らげたいという場合は「断熱塗料」を考えるといいかもしれません。断熱塗料であれば夏の暑さも冬の寒さも抑えてくれる働きがあります。

ですが、断熱塗料は「艶消し」が一般的となっているので汚れが目立ってしまいます。

ですので鉄板屋根を塗装する場合は「遮熱塗料」が良いでしょう。

 

遮熱塗料の塗装をお考えの方はぜひお問い合わせください。

「ホームページを見た」と言っていただければ特別割引を適用させていただきます。

 


メールでのお問い合わせは以下からお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新潟 屋根塗替え】錆びた霧避け屋根を塗装する

【新潟 屋根塗装】塗膜が剥がれたモニエル瓦の塗装について

【新潟 屋根塗装】画像あり 手塗りでガッチリ塗装します!

【新潟市 塗り替え】外壁と屋根の高圧洗浄をおこないます。なぜ塗装前は高圧洗浄が必...

新潟市で外壁塗装を安くする秘訣その1 下請けを使わない会社に依頼する

【新潟市 塗り替え】外壁塗装 トタンの外壁を錆止め塗装しました (錆の上から塗装...