リフォーム事例
リフォーム事例
長谷工のご提案
長谷工のご提案
Top > リフォームをご検討のお客様 > ペットと暮らす

リフォームをご検討のお客様
ペットと暮らす

床材 壁材 天井材 建材 おすすめ お約束ごと

床材

最近、ペットを飼えるマンションが増えてきました。インテリアにはこだわりたいけれど、大切な家族であるペットがケガをしないよう滑りにくい、そしてお掃除もしやすい床材をご紹介致します。

床材

ペット用フローリングワンラブオトユカ45

小型犬の歩きやすさに配慮したマンション用防音床材です。
引っかき傷や汚れにも強くお手入れも簡単です。ペットの毛色に合わせてお色も複数選べます。

メーカーHPはこちら >>

DAIKEN

床材

畳風床材ここち和座

「イ草おもて」に比べて約3倍の耐久性がある「和紙おもて」の畳です。
防汚加工でお手入れが簡単、さらにカビ・ダニの発生も抑えます。

メーカーHPはこちら >>

DAIKEN

壁材

消臭効果のあるものや傷に強い壁紙など、ペットと一緒に快適に暮らせる商品は数多くあります。
また、脱臭・調湿効果に優れたタイル建材など、ご家族のご要望に応じて商品をご案内致しますので、お気軽にご相談ください。

壁材

スーパー耐久性クロス

一般ビニル壁紙より引っかきキズに強く、抗菌性、汚れ防止にも効果があります。

メーカーHPはこちら >>

Sangetsu

壁材

エアリフレ

悪臭成分を吸着・消臭するクロスです。
光触媒効果により、消臭効果は半永久的に持続します。
ペットの気になる臭いにもおすすめです。

メーカーHPはこちら >>

リリカラ

壁材

ECOCARAT

調湿・脱臭効果のあるタイル建材です。
優れた調湿機能を持ちながらも水を吸収しにくいので、調湿建材では難しいとされていた水拭きが可能になりました。

メーカーHPはこちら >>

LIXIL

天井材

かわいい家族とはいえ、どうしても臭いは気になります。臭いを軽減してくれ、鳴き声の響きも和らげてくれる天井材をご紹介します。

天井材

クリアトーン 12S

生活臭を吸着し、ニオイを抑える天井材です。調湿性能で住まいを快適に暮らせる湿度へ。
吸音性能も併せ持ち、気になる反響音も抑えます。

メーカーHPはこちら >>

DAIKEN

天井材

※DAIKENカタログより抜粋

建材

ドアや壁に専用の出入り口があれば、部屋を自由に行き来できます。
お好みのドアを一緒に探しましょう!

建材

ペットドア(DAIKEN)

ペットが自由に出入りできるくぐり戸付きのリビングドア。 ペットがもっと身近な存在になります。
オーダーで肉球ガラスや、犬型や猫型のレバーハンドルへ変更もできます。

メーカーHPはこちら >>

DAIKEN

建材

交換用把手

把手J(空錠)
把手J(空錠)
把手K(空錠)
把手K(空錠)

チャーミングな犬型と猫型のレバーハンドルもご用意しています。
お好みの形をお選びいただけます。



建材

ペットドア(Panasonic)

ペット専用の小さなくぐり戸があれば、好きな時間に好きな場所に移動することができ、のびのび過ごすことができます。

メーカーHPはこちら >>

Panasonic

おすすめ

せっかくのリフォーム、少しの遊び心でもっともっと自分たちらしい暮らしになります!
おすすめの商品をほんの少しご紹介します。
ほかにもこんな商品ないかな?と思ったらお気軽に担当者へご相談ください。

おすすめ

ねこステップ

滑りにくくてお掃除もラクラク、ねこが安心して遊べるステップです。 壁の上から取付けるだけの簡単施工(※下地必要)で金具も見えず壁面もスッキリ。

メーカーHPはこちら >>

DAIKEN

おすすめ

動物柄 壁紙

ねこのシルエットがかわいい動物柄クロス。

メーカーHPはこちら >>

Sangetsu

おすすめ

動物柄 壁紙

子供部屋にもぴったりなポップなねこ柄クロス。

メーカーHPはこちら >>

東リ

おすすめ

リードフック

お散歩帰りにリードをかけるのが楽しくなるようなリードフック。
戸建の方におすすめです。
(取付箇所は諸条件がございます。)

メーカーHPはこちら >>

信建工業

お約束ごと

お約束1

ペットに向いている商品であっても、施工が極端に難しいことがあります。商品の特性をよくご理解のうえ商品選定をおこなってください。

お約束2

工事期間中は人がたくさん出入りし、匂いのある資材が置かれて、工事の音がします。人は耐えられてもペットにとってはストレスをかかえてしまうことがあります。

お約束3

リフォーム後、新しい匂いがするところに住まうことになったペットはストレスで今までになかったマーキングなどの行動を多くとる場合があります。せっかくリフォームしても...ということもあります。

お約束4

ペットもシックハウス症候群で調子が悪くなることもあります。シックハウス症候群は建材や家具などから発散する化学物質だけでなく、防虫剤、化粧品なども原因と考えられています。建築基準法を遵守しただけではシックハウス症候群にはならないというわけではありません。リフォーム後は換気に心がけ、住まい方に気をつけて下さい。また、リフォーム前に使用する素材のサンプルを室内に置いてペットの様子を確認するのも一つの方法です。

お約束5

もしかしたら、ペットがシックハウス症候群かもしれない!という方は、考えられる化学物質を発生させているものを取り除くか、そこから避難するしかありません。シックハウス症候群を治すためのリフォームは残念ながらとても難しいのが現状です。

お約束6

せっかく取付けたくぐり戸をくぐってもらえない...。
キャットウォークで遊んでくれない...。
間取りが変わったためにシートの上でトイレをしなくなった。
実はリフォームではよくあることなのです。やはり、家族の一員であるペットのためにしたことでも予期せぬ不測の事態はおこりますのでご了承ください。

pagetop