リフォーム事例
リフォーム事例
長谷工のご提案
長谷工のご提案
Top > リフォーム事例 > 風通しを良くする真ん中キッチン

リフォーム事例
風通しを良くする真ん中キッチン

テーマ
ゆとりのシングルライフ, マンションをリフォーム, 斬新リノベーション,
リフォーム部分
キッチン, リビングダイニング, 和室, 書斎/子供室/寝室, 洗面/浴室/トイレ, 玄関/廊下,

  • 形態: マンション
  • 築年数: 約30年
  • 工事費用: 1050万円
  • 家族構成: 1人
  • リフォーム面積: 約67㎡
  • 工事期間: 約30日

 以前は部屋が細かく仕切られていたため風通しも悪く、北側の洋室には結露やカビが発生していました。また、家を大きく分断していたキッチンは、来訪されたお客様に丸見えで、お茶を入れる際に後ろ姿を向けてしまうこともK様は気になっておられました。
 そこでキッチンを、リビングからもアトリエからもアクセス可能な2列型の対面風にし、風が通り抜けるようにレイアウト。また、すべての居室の仕切り壁や扉をなくしてワンルームにし、床下配管を天井裏に配置しなおすことでフルフラットの状態にしました。家中を人も風もめぐりやすい空間に変わりました。
 外部に面するすべてのコンクリート壁には、断熱材を貼付けた上に吸放湿せっこうボード貼とし断熱性・調湿性をアップ。北側の窓には内窓も設置して、結露を軽減させる対策を施しています。
 そしてさらに、K様は「絵を制作し、それらを収納したり、飾ったりできるようにしたい」というご要望もお持ちでしたので、北側の洋室を大型の作品を収納できる物入を備えたアトリエにしました。絵が主役になるようにと、壁も床もオフホワイトでまとめ、そのなかでグリーンとダークブラウンをさし色に使用したカラーリングにもこだわったリフォームとなっています。

【アトリエ】奥に大型作品が20数枚収納できる物入。その天井には脱臭機能のあるナノイー発生機を取付けています。

【和室】寝室にも使用する和室。フローリングとの段差をなくすために薄畳を採用しています。

【キッチン】2列型にし、腰壁より上をオープンにして対面風にしたキッチン。お友達と会話をしながらキッチンに立つこともできます。

【ダイニング】リビングからキッチンを通してアトリエまで見渡せるようになっています。

【リビング】居心地の良いリビング。壁面にはピクチャーレールを設置し、K様が25歳で初入選された記念すべき作品が飾ってあります。

【玄関】アクセス方向を90°変更し広くなった玄関。壁の絵画を照らすために集光タイプのダウンライトを設置しています。左のシステム収納は窓の形状に合わせて組み込みました。

【廊下】床下にあった給水・給湯・ガス管を天井に移設し段差がなくなりました。洗面とトイレの入口は引戸にし、風通し確保のため開け放てるようになっています。

【洗面室】鏡の裏に収納のある洗面化粧台を設置。吊戸も扉付とし圧迫感のない白をセレクト。洗濯機置き場の反対側にも収納を確保しています。

 

【担当者から一言】K様は、とても洗練された感性をお持ちで、クロスやキッチン等の色を一つ一つ決めていく作業では、とても勉強になりました。以前は仕舞われたままの作品も、新しくなった家で輝きを放ち、とても居心地の良い素敵なリフォームになったと思います。(担当:北熨斗&小坂)

pagetop